バニシングツイン⑥ 流産後のこと

バニシングツインを告げられてから1週間後、双子の一人は無事に心音確認が取れ、初めて先生から「ご妊娠おめでとうございます。」と言われました。

「次回までに母子手帳をもらってきてくださいね」との言葉に、やっと母子手帳がもらえるんだ…と嬉しさを感じつつ、世間一般的には存在していたことも記されない、消えてしまったもう一人のことを思いました。

ネットなどでは、二卵性の双子の場合バニシングツインになるともう片方に吸収されると書いてあったので、消えてから2週間経った今ではもう痕跡もなくなってしまったのかな…と思いながら診察台へ上がったのですが、空っぽになった胎嚢は、まだ変わらずちゃんと残っていました。

このまま消えてしまって何もなかったことにされてしまう前に、もう一つの命が存在していたんだよという証を残しておきたくて、先生に頼んでエコー写真をもらいました。

  
上が空っぽになった胎嚢です。(奥にあるため小さく写っています)
下の胎嚢はまんまるの卵黄嚢と、1週間ですっかり人型になった胎児です。

そして更にその1週間後。
  

右側にクリオネのように(?)ピコピコと元気に動く胎児と、左側に小さくなったもう一つの胎嚢が写っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。