カテゴリー別アーカイブ: 出産費用の目安

妊娠してから出産までの検診費いくらかかる?まとめ

妊娠が判ると赤ちゃんができた喜びの次に考えてしまう費用のこと。
妊娠は病気ではないので健診などは全て自費となり、それが結構な出費なんですよね。そこで関東圏にあるスタンダードな個人病院の場合の健診費用データを公開します。(※途中で転院したので16回目以降は市立病院のデータです)

 

 1回目  5週4日  ¥9,600(内初診料¥7,000)
 2回目  6週4日  ¥3,500
 3回目  7週4日  ¥4,260(内保険診療分¥1,260)
 4回目  8週4日  ¥3,500
 5回目  9週3日  ¥3,500
 6回目   10週3日  ¥3,500
 7回目   12週4日  ¥9,020(内保険診療分¥2,910)
 8回目   16週4日  ¥0
 9回目   20週3日  ¥0
  10回目   24週5日  ¥0
  11回目   26週5日  ¥0
  12回目   28週4日  ¥730(内保険診療分¥730)
  13回目   30週3日  ¥0
  15回目   34週4日  ¥0
  16回目   35週5日  ¥1,020
  17回目   36週5日  ¥590

※7回目以降が助成券を使った妊婦健診です。初回は血液型検査やHIV検査などがあるため助成券を利用しても差額で¥9,000支払いました。
※私の場合、妊娠当初多胎妊娠だったので、妊婦健診以前は毎週診察がありました。
※37週のときに管理入院、そのまま38週で出産したため最終の妊婦健診は36週でした。

基本的に、個人病院では妊婦健診での支払いは¥0でした。毎回4Dエコーをし、写真ももらっていましたが、特に追加料金などはかかりませんでした。
市立病院ではエコーは古い2Dで、それも毎回したわけではありませんでしたが、なぜかいつも会計時に少額ですが支払いがありました。

ちなみに出産後の一ヶ月検診も市立病院でしましたが、自費で¥5,940かかりました。
私の経験した限りでは、個人病院(高級なところではない一般的な産婦人科医院)の方が総合病院より健診費用が安く、また設備も最新(産院によりますが)なので胎児の成長もハッキリと見ることができ良かったです。ただ、持病があったり高齢出産だったりと何かリスクがある方は途中で大きな病院に転院になる可能性があり、そうなると初診料と検査代が2回分と紹介状のお金(病院によって違いますが大体¥2500~¥4000位)もかかるので最初から総合病院を選んだほうが費用面では節約できそうです。