搾乳機がなくても簡単にできる搾乳のやり方

本やネットでおっぱいのトラブルへの対処法を調べるとよく『飲ませる前に搾乳すると良い』と書かれていますよね。

でも搾乳って難しくないですか?

私の場合は、息子が生まれてすぐにNICUに入院したので、出産した2日後から毎日2~3時間おきに母乳を搾乳して届ける必要がありました。もちろん全然上手くできず四苦八苦しましたが最初は初乳(免疫や栄養がたっぷり詰まったオレンジに近い黄色い母乳)が出るので、どうしてもそれを飲ませてあげたくて頑張りました。

当時は私自身もまだ入院中だったのでいつでも助産師さんや看護師さんに相談できる環境にあり、毎日何度も搾乳のコツを聞いたり実際にやって見せてもらったりして、なんとか短期間で搾乳が上手くなれました。

でもそうではなく、誰にも教わったことがない方がイキナリ搾乳しようと思っても、やり方が分からず戸惑ってしまうのではないかと思います。
そこで、病院の助産師さん達に習ったやり方を載せますね。

今回はさすがに写真を載せるわけにはいかないので、絵を描いてみました。
と言っても、決して上手いわけではないのでこの絵で伝わるか不安なところですが、とりあえず文章だけで説明するよりは分かりやすいと感じていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク

上手にできる搾乳の方法

乳輪の外側を親指と人差し指で挟むように手を当てます。
このとき指の平を当てるのではなく、画像のように指の側面を当て、肌に当たっている方の側面(赤いライン)に力を入れるようにします。

sakunyuu1

 

①で力を入れている側面部をまっすぐ自分の方にグッと押します。

sakunyuu2

 

グッと押したら今度はそのまま親指と人差し指を奥で合わせるようにギュッとつまみます。

sakunyuu3

 

 

これを同じ方向ではなく手の向きを変えて色々な角度から行います。
上手く絞れない方は多分①の後②を抜かしてすぐ③にいっているのではないでしょうか。
しっかり奥へ押してからつままないと、乳腺に届かず表面の皮膚だけが引っ張られるようになってしまい頑張ってもなかなか母乳が出てきません。

慣れてきて上手くコツさえつかめば、搾乳器を使わなくても誰でも簡単に搾乳できるようになるので、まずは練習あるのみですね。
分かりにくい絵で申し訳ないのですが、是非ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

搾乳機がなくても簡単にできる搾乳のやり方」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    わかりやすい説明ですね!参考になります!

  2. Ringomaru 投稿作成者

    ありがとうございます!
    自分が初めて搾乳したときに、難しくてかなり試行錯誤したので、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。