カテゴリー別アーカイブ: 離乳食や薬について

薬を飲まない子供が喜んで飲む、飲ませ方

息子は大の薬嫌いです。
たまに高熱を出すのですが、カロナールなどの解熱剤や、クラリスロマイシンなどの抗生物質を出されると苦くて絶対飲みません。

熱で辛そうで、せっかく薬を処方してもらったのに、本人が頑として飲まないのでは何の意味もないですよね。

今日は、そんな息子が喜んで薬を飲むようになった方法を書きたいと思います。

子供が薬を飲むようになる魔法の粉!?

よくお薦めされるアイスクリームやヨーグルト、お薬用ゼリー、色々試してみましたが、全滅だった息子。そんな彼が、薬にあるものを混ぜたところゴクゴク飲んでくれたのです!

その魔法の粉がこちら…


そう、ミロです!

薬の量にもよりますが、2〜3歳児なら大体40-50mlの牛乳を温めて(夏なら常温程度の熱さで)そこに小さじ一杯のミロを入れてかき混ぜます。

そして飲ませるだけ…!!

チョコレートの味の強さって凄いですね!私もスプーンで一口すくって味見してみましたが、薬の苦味は見事に消え去り甘くて美味しいミロの味がしました。

ミロではなくココアなどでも大丈夫だと思いますが、ミロにはビタミンミネラルが配合されているので(薬と一緒に飲ませる量で考えると微々たるものだとは思いますが…)我が家ではミロにしています。

薬によって、小さじ一杯では薬の苦味が残るようでしたら、もう少し足してもいいかもしれません。

正直、小さな子供にチョコなどの甘いものはあまりあげたくない派なのですが、一度に飲む量も少ないですし、ミロですんなり薬を飲んでくれるようになってから風邪が長引くことが少なくなったので、この方法にしています。

そして、普段はミロを飲ませず、“病気のときにだけ飲める特別な飲み物”にしているので、今では息子も病気になると「わぁ〜い!おくすりのむ〜!」と喜んで飲むようになりました。笑

どうしても子供が薬を飲んでくれないとお悩みの方、良かったら一度お試しになってみてください!