帝王切開費用いくらかかる?まとめ

ネットで帝王切開の費用について検索してみると、『普通分娩+○△万円だった』『かなりお金が返って来た』と様々な声が出ており結局帝王切開は普通分娩より高いのか?それとも安くなるのか?わからなくなってしまいますよね。

そこで帝王切開での出産費用がいったいいくらかかるのかを分かりやすくまとめてみました。
まず、通常の普通分娩による出産でかかる費用から見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

普通分娩による平均出産費とその内訳

※厚生省データより
分娩料 約¥230,000
入院料 約¥18,000/日
新生児管理保育料 約¥51,000
検査・薬剤料 約¥12,000
処置・手当料 約¥13,000
産科医療保証制度 ¥30,000
その他(お産セット、出生証明書、食事代など) 約¥25,000
合計 約¥469,000 (6日入院の場合)

これがいわゆる基本の出産費として病院から請求されるお金です。

更に、出産時の条件によって追加料金がかかることもあります。

例)
・個室にした場合は+差額ベッド代(平均¥2,600/日)
出産が休日や夜間だった場合には+¥20,000~¥30,000 など

また上記の金額は全国平均額ですが、これは病院によって大きく異なり、例えば分娩費が¥300,000だったり入院料が¥40,000/日だったりする病院で出産すると、合計金額が60~70万になったりするわけです。

では次にこれが帝王切開になるとどうなるかを見ていきましょう。

 

帝王切開による平均出産費とその内訳

分娩料 約¥230,000
入院料 約¥18,000/日
新生児管理保育料 約¥51,000
検査・薬剤料 約¥12,000
処置・手当料 約¥13,000
産科医療保証制度 ¥30,000
その他(お産セット、出生証明書、食事代など) 約¥25,000

この金額に帝王切開の手術・処置料などで約¥100,000が加わり、また帝王切開の場合入院日数も普通分娩より長くなるので、
合計 約¥605,000 (9日入院の場合)

但しこの帝王切開にかかる分の医療費は健康保険対象となるので高額療養費制度が適用され、後日加入している保険組合から自己負担限度額(所得によって変わります)を超過した分が返金されます。

もし事前に限度額適用認定証を用意していれば、お会計時に限度額分のみの支払いで済みます。
例えば自己負担限度額が¥80,100だった場合、健康保険対象分の合計が¥100,000だったとしてもお会計時に支払うのは¥80,100ということです。
※ちなみにこの限度額ですが、2015年1月に改定され限度額の幅が3段階から5段階になりました。 ◎関連記事:限度額認定証とは?5区分になった自己負担限度額

☆★まとめ★☆
出産時の状況によって多少変わってきますが、帝王切開による出産費用は
大体普通分娩の費用+5万~10万円程度ということですね。
余裕を持って10万円で計算しておくと安心かもしれません。

 
 

スポンサーリンク