口コミで人気の青葉の授乳クッションはココがすごい!

授乳クッションって沢山あって、どんなのが良いのか、本当に必要なのか、大きさやら値段やらですごく迷いますよね。私もその一人で、しかも迷っているうちに管理入院→そのまま出産となってしまい、結局退院するまで準備できないままでした。

退院後は当時まだ入院していた息子の面会でほぼ毎日病院へ行きGCUで授乳もしていたのですが、初めての授乳から数回経ったある日、授乳中に看護師さんが授乳クッションを持ってきてくれました。

それがこの、青葉の授乳クッション︎でした。

授乳クッション1

正直、毎日3時間おきの搾乳で手が腱鞘炎になっていた私にはこの授乳クッションの存在がすごくありがたくて、しかも体重2000g程度の小粒な息子の身体でもちゃんと高さが足りる十分な厚み大きくて安定感のある作りで、息子はいつもおっぱいを飲んで満腹になるとそのままクッションの上で眠ってしまっていました。

「授乳クッションってこんなに良いんだ〜!やっぱり今からでも買っておこう」と感激して色々探してみたのですが、ほとんどが高さ12〜18cm位、中身も柔らかいビーズクッションかすぐヘタりそうな綿のクッションなんですよね〜。

一度良いものを知ってしまうと安物には満足できなくなってしまうもので、「あの病院で使われてるようなのがいいんだよなぁ…」と妥協できずにいたところ、やっとネットで同じのを販売しているショップをいくつか発見することができました。でもお値段がちょっと高いんです…。

しかし商品の仕様を見てみると、『寸法:幅50X奥行43X高さX25センチ』とあり、高さが25cmもあるのかと驚きでした。ということはこの青葉の授乳クッションの高さがぴったりだった息子には、それより約10cmも低い他の授乳クッションじゃ絶対的に高さが足りないことになります。

しかも口コミを見ると

・毎日使っているけど全然ヘタらない
・買う時は高いと思ったけど、毎日授乳の度に(新生児だと8〜10回くらい)使うのを考えたら安い買い物だ
・産院で使っていたのが良くて探して買ったけど授乳がすごく楽だ

と、皆さん買って良かったという口コミばかりでした。

「う~ん、高いけどやっぱりこの授乳クッションにしよう。」と購入しようと思ったら、実家の妹が出産祝いに買ってくれることになり、とうとう我が家にも授乳クッションがやってきました。

 

スポンサーリンク

実際に家で使用してみた感想

【良いところ】
・綿がパンパンに詰まった固めのクッションでちょっとやそっとじゃヘタら ない
・結構幅もあるので赤ちゃんも安心して居心地よく乗っかっている
・マジックテープを腰の所で固定するとクッションに高さがある分姿勢が伸 びて、首と腰に負担がかからない

【悪いところ】
・マジックテープを剥がすときの音が大きく、寝ている赤ちゃんがビックリ して起きてしまうということがある
・厚さがある分カバーを洗濯後クッションを入れるのが大変

トータルで考えるとかなりプラスの面の方が大きいです。生まれたての赤ちゃんはまだ軽いですけどそれでも3〜4kgはありますし、慣れないうちは1回の授乳で20分はかかるのでその間ずっと下を向いて赤ちゃんを支えて…としていると結構首・肩・腕・腰が辛いんですよね。それも1日に何回も。だからこの授乳クッションがあるとその辛さが緩和されて本当に助かりました。

それからこのクッション、授乳クッション以外の使用法としてベッドにもなるんです。

授乳クッション2

説明書には窪んでいるところにバスタオルを敷いて使うと書いてあったのですが、我が家ではクッションや枕を入れて高さを調整していました。この写真では、下から枕、畳んだバスタオル、エルゴのインサートの順で敷いています。

寝ている時の背中のフォルムが胎内にいたときのように丸くなるので、息子の場合平らな布団に寝かせるよりもぐっすり寝てくれました。

最近は首が座ってきたのでイスとしても使っています。
バウンサーもいいですが、これは場所をとらず、移動させるのも楽なので便利です。

授乳クッション3

購入して5ヶ月経ちますが、まだまだヘタりもなく(多少はあるのかもしれませんが、数センチ程度です)日々大活躍しています。

 

参考までに…
↓ 私が購入したショップです。
ぴっぴちゃんランド
確か送料が無料な分ココが一番安く購入できたはずです。
(Amazonにも出店しているようなのでAmazonでも買えます)

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。